遠方の遺品整理について、やり方・気をつけることなどを紹介します 

遠方の実家のご家族が亡くなり、遺品整理をする必要が出てきた。しかし、遠方の遺品整理というのはとても大変です。

この記事では遠方の遺品整理について、やり方や気をつけること、遺品整理業者に依頼するメリットなどを紹介いたします。

遠方の遺品整理が大変な理由

なぜ遠方の遺品整理が大変なのか、それは自分が今住んでいるところから距離があるというのが最大の理由です。

  • 粗大ごみやリサイクル家電の処分スケジュールに合わせて遠方まで出向くのが大変
  • 整理する遺品の量が多いと何回も遠方まで出向く必要がある
  • 普段すんでいないので、自治体のゴミ出しルールなどを調べるのも面倒くさい

など、様々な理由から大変になってしまいます。

そのため遠方の遺品整理の場合は、遺品整理業者に依頼するのがおすすめの方法ですが、自力でなんとかしたいという方もいらっしゃると思いますので、まずは自力で遠方の遺品整理をするときに気をつけることをご紹介します。

自力で遠方の遺品整理をするにあたって気をつけること

自力で遠方の遺品整理をする場合は、遠方まで足を運ぶ回数を減らすことがいちばんのポイントになりますので、そのための遺品整理のやり方、気をつけることを紹介していきます。

事前に遺品整理をする場所の自治体のゴミ出しルールなどを調べておく

遺品整理のときにゴミの処分がやはり大変になります。そのため事前に遺品整理をする場所の自治体の「燃えるゴミや燃えないゴミの収集日」「粗大ごみのゴミ出しルール」などは確実に事前に調べておきましょう。

リサイクル家電についても注意が必要

テレビ、エアコン、冷蔵庫、洗濯機などのリサイクル家電は自治体の粗大ごみでは回収してくれないので、購入した電気屋に引き取りを依頼することになります。そのため購入した電気屋があらかじめわかっていれば、事前に確認しておくとよいでしょう。

購入した電気屋が閉店している場合やわからない場合は、福岡ではベスト電器が回収しているなど、大きめの電気屋が対応していることがあるので、それも事前に調べて確認しておくとよいです。

まずは遺品のなかから処分が大変な粗大ごみ、リサイクル家電の量を把握しておく

前でも説明しましたが、粗大ごみやリサイクル家電は処分には、事前に申し込みなどが必要です。そのため、処分が大変になり、こちらのスケジュール都合で回収日を決められないことも多いので、まずは遺品のなかから粗大ごみやリサイクル家電がどれだけあるのかを把握しておくとよいです。

そして、これらの処分スケジュールをあらかじめ立てておけば、何回も遠方まで遺品整理のために足を運ぶ必要が少なくなります。

ゴミ処理施設への持ち込みも有効活用する

リサイクル家電は無理ですが、一般ゴミや粗大ごみについては、自治体のゴミ処理施設に直接に持ち込むことができることが多いです。ゴミ出し日や粗大ごみの回収日とスケジュールの都合が合わない場合は、直接にゴミ処理施設に持ち込むことも有効に活用するとよいでしょう。

持ち込みを活用して、いっきに大量の遺品を処分できると遠方まで足を運ぶ回数が減らせます。

遠方の場合は遺品整理業者を有効活用するのがおすすめ

自力で遺品整理をする場合の注意点を書いてきましたが、やはり遠方の場合はその土地の遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。業者に依頼するとお金がかかりますが、遠方まで何回も行く交通費を考えると遺品整理業者に依頼するほうが金銭的もお得になることが多いです。もちろん、作業はすべて任せることができるので、とても楽に遠方の遺品整理を終わらせることができます。

遺品整理業者には立ち会い無しで依頼して作業をしてもらう

遠方の遺品整理の場合は、作業の立ち会い無しで遺品整理業者に遺品整理作業をしてもらいます。私たちエコタス福岡を含めて、最近の遺品整理業者は遠方から立ち会い無しの依頼についても引き受ける業者がほとんどです。

立ち会い無しになると、遺品のなかでも必要なものについて事前にしっかりと伝えておく必要がありますが、遠方から指示をするだけで自分たちは作業をせずに、遺品整理にすべて任せることができるので、遺品整理の労力を大きく軽減できます。

遠方の遺品整理業者に依頼する方法

まずは遺品整理業者に現地見積りを依頼する

まずは電話やメールで問い合わせて、遺品整理をする家の荷物量などについて、だいたいの概要を伝えて、おおよその見積りをあらかじめ教えてもらったほうがよいです。

概算について納得できたら、遺品整理の料金をしっかりと確定させるためにも、まずは遺品整理業者に現地見積りをしてもらうとよいでしょう。このときに基本的には立ち会いのうえで見積りになりますので、遠方からの依頼のため立ち会いが難しいと伝えておくと大丈夫です。その場合は、事前に郵送などで家の鍵を遺品整理業者に送っておく必要があります。

立ち会い無しのため多くの業者に見積りを依頼するのは手間がかかる

立ち会い無しの場合は、家の鍵を遺品整理業者に送る必要があるため、多くの遺品整理業者に現地見積りを依頼するのには手間がかかります。また、たくさんの業者に家の鍵を渡すのもトラブルの原因になりかねないため、電話やメールでだいたいの概要をつたえて、おおよその見積りをしてもらったり、電話やメールの対応の丁寧さなどを参考に業者はあらかじめ絞って現地見積りをしてもらうとよいでしょう。

現地見積りで正確な料金を出してもらう

現地見積りを遺品整理業者にしてもらうと正確な見積りが出てきます。遺品整理をする遠方の実家などの状態や遺品の大きさ、量、搬出経路などを遺品整理業者が確認した上での見積りなので、正確な見積りになります。

その金額に納得したら契約をしましょう。そして、作業日などを決定します。

また、現地見積りをしてもらったけども、契約に至らなかった業者については、かならず家の鍵を返却してもらうようにしましょう。

立ち会い無しの遺品整理作業になるため、必要なものを事前にしっかりと伝えておく

立ち会い無しの遺品整理作業になりますので、事前に必要なもの、残しておくものをしっかりと伝えておきましょう。また、権利書、貴重品など、探してほしいものがある場合も伝えておきましょう。それに従って業者は遺品の仕分け・整理をして、不要なものやゴミを処分・回収します。

また、作業中に業者のほうで判断に困るものが出てくることもあるので、できれば作業中は連絡が取れるようにしておいて、携帯のメールやLINEなどで遺品の写真を業者に送ってもらうことで、判断ができるようにしておくと作業がスムーズに進みます。

遺品整理が完了したら結果を動画や写真で業者に送ってもらう

遺品整理作業が終わったら、業者に遺品整理の結果として作業後の家の様子を動画や写真で送ってもらいましょう。それを確認して、問題がなければ遺品整理作業が完了となります。

福岡での遺品整理はエコタス福岡にお任せください

最後に私たちの宣伝をすこしさせてください。私たち遺品整理エコタス福岡は、業界最安値に挑戦中です。

ぜひ遠方から福岡にある実家などの遺品整理をお考えの場合は、遺品整理エコタスまでお気軽にご連絡いただければ幸いです。

他社よりも整理・回収費用が高い場合などもお知らせいただければ、割引などにも対応しますし、見積りも明朗会計であとになってから追加料金を請求するなどといったことはいっさいいたしません。

福岡県全域などの対応エリア内であれば、訪問見積は無料で、金額にご納得がいかずに不成立となった場合でも、料金が発生することはありません。

ですから福岡県での遺品整理は、エコタス福岡にお任せください。みなさまからのご相談をおまちしております。

福岡でエコタス福岡の遺品整理が選ばれる理由

明朗会計!

トラブル0件!

安さに自信あり!

即日対応!出張無料!