生前整理とは?やり方などを解説します

生前整理や終活といった言葉を最近ではよく聞くことが増えてきました。

高齢化や核家族化が増えて、一人暮らしの老人の方や高齢夫婦のみの世帯も増えており、突然に自分が亡くなったときに残された家族に迷惑をかけたくないからということで、生前整理をされる方もいます。

この記事では、生前整理について、やり方やメリット・デメリットなどを紹介いたします。

生前整理とは

生前整理とは、自分が生きているうちに自分の身の回りのものを整理して、不要なものは処分します。また、財産関係の整理などもしておきます。

これによって、遺族が自分の死後に遺品整理をしなくてもよくなりますので、遺族に負担を残さないことにつながります。

生前整理ですること

生前整理ではいろいろなことをしますが、具体的に以下のようなことをすることが多いです。

  • 身の回りの家具や家電などで使わなくなった不要品の処分
  • 処分しない家具や家電、日用品を整理
  • 財産の整理(財産目録の作成)
  • 遺言書を書いておく

生前整理のメリット

自分の死後に遺族が遺品整理に手間をかけなくてもよい

生前整理をしておくと、自分の死後に遺族が遺品整理をしなくてもよくなります。家具や家電などの不要品の処分は自力でやるのはとても大変ですし、本人が死んでしまったあとだと価値があるものがわからずに、価値のある骨董品やアンティークを捨ててしまうというようなことも起こってしまいます。

業者に依頼するにしても、処分する不要品のことをよくわかっている本人がいるほうが作業がスムーズに進み、整理費用が節約できることが多いですよ。

生前整理をすることで遺族の負担を減らすことができるのは大きなメリットだといえるでしょう。

整理をすることで自分の生活する環境をよくできる

生前整理は遺族のためだけでなく、本人にとってもメリットがあります。それはあらかじめ使わなくなった家具や家電を処分しておくことで、家の中が整理されて、日々の生活も過ごしやすくなるでしょう。

また、生前整理をすることで、紛失していた貴重品などが見つかったりすることもあります。たくさんの物にかこまれた生活になると、家の中の移動やホコリなども多くなってしまうので、生前整理ですっきりと整理することで自分の生活する環境を向上させることにもつながるのです。

生前整理のやり方

それでは生前整理のやり方を解説していきます。

家具や家電、日用品を必要なものと不要品を選別する

まずは一番大事なことです。処分してしまってよい不要品と必要なものに仕分けをしましょう。もう使わなくなって長い家電品やただ置いてあるだけになってしまったタンスなどの家具があれば、それは不要品になります。

とくに遺品整理のときには小物よりも大型の家具や家電のほうが処分に困るので、そのような大型の家具や家電はしっかりと必要か不要かを区別しておくとよいでしょう。

コーヒーカップや湯飲み、骨董品などの小物類などは使わなくなってもアンティークやブランドもの、値打ち物の場合は、それがわかるようにして必要なものにしておくとよいでしょう。安い値段で購入した小物類で使わなくなった物は不要品として問題ないでしょう。

貴重品や書類をまとめておく

保険証書や通帳、印鑑、契約書、遺言書などの貴重品・書類はまとめておいてわかるようにしておきましょう。そして、わかりにくい場所にしまっておくのではなく、しまっておく場所はしっかりと決めておくと良いでしょう。そのうえで必要なら鍵などをしっかりとかけておきましょう。鍵をかけた場合は、金庫の鍵などの所在もしっかりと整理しておくことが大切です。

これらの書類の場所がわからなくて、トラブルになることが多いので、とくに気をつけておきましょう。以下に貴重品・書類の例をあげておきます。

  • 通帳、カード
  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 株式や債券、金融資産に関する書類
  • 貴金属
  • 保険関係の書類
  • 不動産関係の書類
  • 公共料金やインフラに関する書類
  • 債務、ローンの契約書類

またこのときにあわせて財産目録を作成しておいて、財産がしっかりとわかるようにしておくと、残された家族の方もわかりやすいです。遺言書が必要な場合は、トラブルを防ぐために必ず書いておきましょう。また、遺言書には定められた形式があるので、それを守るようにしましょう。

不要品(家具や家電、小物など)の処分

最初に必要なものと不要品に仕分けをしましたが、それに沿って不要品は処分が必要です。小物類や小型の家電は自治体の燃えるゴミや燃えないゴミに出して処分することができるので、こまめに処分しておくと楽になるでしょう。

大型の家具や家電は基本的に自治体の粗大ゴミで出す必要があります。しかし、家電のなかでもリサイクル家電と呼ばれている、家電リサイクル法の対象家電であるテレビ、洗濯機・乾燥機、冷蔵庫・冷凍庫、エアコンについては、粗大ゴミに出すことができません。リサイクル家電は、家電リサイクル法に基づいて、「購入した電気屋に依頼して回収処分してもらう」、「自治体が決めている電気屋に回収処分を依頼する(福岡の場合はベスト電器など)」、「郵便局で手続きをした後で自分で指定引き取り所に持って行く」などの手続きが必要になるので、注意しましょう。

不要品の処分は業者に依頼するのも手です

不要品の処分は自分たちだけでやると大変ですし、粗大ゴミとリサイクル家電で別の手続きが必要だったりと手間もかかります。また、大型の家具や家電は家の中から搬出するだけでも大変です。そのようなときは不用品回収業者に依頼するのも手です。そうすると粗大ゴミとリサイクル家電をまとめて処分することができますし、大変な搬出作業などをすべて任せることもできます。

私たち遺品整理エコタスでは不用品回収のみの依頼も受け付けておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

価値のあるものをわかるようにしておく

不要品の処分が終わったら、必要なものとして残した物で、一目見ただけで価値がわかりにくいものはきちんとわかるようにしておきましょう。

たとえば、アンティークや骨董品、家具でもブランド家具やアンティーク家具は売却可能であることが多いです。自分の死後に遺族が価値に気づかない可能性もありますので、きちんと値打ち物だとわかるようにしておきましょう。

生前整理のタイミングで売却するのも手です

値打ち物については、生前整理のタイミングで売却してしまうのも手かもしれません。もちろん遺族の方に残したいときはそうしてもよいでしょうが、残された人生をすこしでもよいものにするためにお金はあっても困ることはないので、買い取ってもらうのもありだと思います。

また、生前整理を業者に依頼した場合は、どうしても料金がかかるため、このような値打ち物を買い取ってもらって料金と相殺するというのは生前整理を安く済ませることにつながります。

私たち遺品整理エコタスでは、買い取りも行っております。まだまだ現役で稼働する電化製品やアンティーク家具、ブランド家具、カメラなどの小型精密機械、貴金属類、小物類など、再販できるものであれば、遺品整理エコタスが高く買い取ります。高額査定に自信があります。ぜひお気軽に、ご相談ください。

生前整理を業者に依頼するのもアリです

これまで生前整理のやり方を説明してきましたが、やろうとするとなかなか手間になり、大変だということがわかったと思います。そんなときは私たちのような遺品整理の業者に生前整理を依頼するというのもひとつの手です。

「大型の家具や家電の処分が体力的に無理そう」、「不要品が多すぎてどこから手をつけて良いかわからない」、「できるだけ早く生前整理を済ませてしまいたい」。このようなときは業者に生前整理をしてもらうとスピード解決できます。

不用品回収業者と違い、私たち遺品整理業者(私たちエコタスは不用品回収もやっていますが)は、ただ不要品を回収処分するだけでなく、

  • 必要な物と不要な物との仕分け
  • 貴重品や権利書、書類などの捜索
  • ハウスクリーニング
  • 値打ち物の買い取り

などにも対応いたします。

福岡で生前整理とお考えでしたら、ぜひ遺品整理エコタスに

エコタス福岡の生前整理 対応地域

福岡市東区 福岡市博多区 福岡市南区 福岡市城南区 福岡市中央区 福岡市早良区 福岡市西区 大野城市 筑紫野市 春日市 那珂川市 糸島市 宇美町 志免町 須惠町 粕屋町 篠栗町 新宮町 久山町 古賀市 福津市

福岡県ならびに福岡市、福岡地域の遺品整理はエコタスにお任せください

※対応地域の訪問見積りは無料です。

エコタス福岡の生前整理が選ばれる理由

明朗会計!

トラブル0件!

安さに自信あり!

即日対応!出張無料!

 

遺品整理サービスの詳細はこちら

生前整理の料金の目安

間取り 費用
1k 25,000円~
1DK 50,000円~
1LDK 70,000円~

上記の生前整理料金に含まれるサービス

  • 貴重品・不用品の仕分け・整理
  • 不用品の処分・回収
  • 必要に応じた養生作業
  • 生前整理後の簡易清掃(掃き掃除、拭き掃除など)

生前整理の料金 福岡一番 最安値を目指します!!