遺品整理を業者に依頼するメリット・デメリットとは

  • 遺品整理を業者に依頼するメリットやデメリットとは?
  • 自分たちで遺品整理をするときはなにが大変になるのか?

など、遺品整理が必要なときに、色々と悩むことが多いと思います。ここでは遺品整理をする際に業者に依頼するメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

近年では遺品整理の需要も増えており、様々な遺品整理の業者がチラシやホームページなどで広告しています。たくさんの業者がいるということは、必要とされているからであり、行政(自治体)の粗大ゴミ回収などだけでは、皆様の需要・要望に完全に対応し切れていないのが現状です。

まずは遺品整理を業者に依頼するメリットを紹介します。

遺品整理を業者に依頼するメリット

遺品整理のスケジュールに余裕ないときでも対応可能

遺品整理のときに手間になるのが粗大ゴミなどの大型の家具や家電の処分方法です。

自治体の粗大ごみなどの回収サービスは、月に1回、特定の曜日・日にちなどと回収日が決まっているため、遺品整理のスケジュールに合わせて家具や家電製品などを処分することができません。

その為、家の解体日程が決まっているなど、急な対応が必要になった時は行政(自治体)の粗大ゴミの回収などでは日程があわず、処分に困る事があります。

それに対し遺品整理の業者に依頼すると、遺品整理のスケジュールを依頼人の希望に合わせることができます。

リサイクル家電やパソコンもあわせて回収・処分できる

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機などのリサイクル家電は、「家電リサイクル法」という法律によりリサイクルが義務づけられているため、自治体では回収を行っておりません。買い換えるときは新しい家電を購入する電気屋が回収してくれるのですが、処分だけをする場合は購入した電器店に回収してもらう必要があり、自治体に出す粗大ごみとは別で処分しなければなりません。

また、パソコンも自治体では回収しておらず、これもメーカーなどに直接回収してもらわなければなりません。

遺品整理のときは、粗大ゴミだけでなく、これらのリサイクル家電がある場合がほとんどだと思います。自分たちで処分しようとすると、粗大ゴミの手続きと別で手続きが必要であり、遺品整理の場合は購入した電気屋がわからないということもよくありますので、処分すると手間になってしまうことが多いです。

このような場合も遺品整理の業者に依頼すると、これらのリサイクル家電やパソコンなどもあわせて回収出来る為、非常に便利です。

遺品整理の業者なら買取可能なものは、買い取ってもらえる

自治体に粗大ごみで出したり、リサイクル家電を家電品店に引き取ってもらう場合には、出した家具や家電などを買取ってもらうことはできないことがほとんどです。

しかし、遺品整理の業者の場合は、まだ使えるテレビや冷蔵庫、洗濯機などの家電品やテーブルや椅子、ベッドなどの家具を買い取ってくれる業者もあります。

家具や家電以外にも、骨董品や小物類、日用品などで買取りが可能なものもあります。自分たちで遺品整理をしていると買取りができるものも処分してしまうことがありますので、損をしてしまうことがあります。

買取については、業者によるところも大きいですので色々な業者を比較して一番高い買取をしてくれる業者に売るのがよいです。

遺品整理の作業がたいへんな場合でも大丈夫

遺品整理の場合は、物が多いことがほとんどです。場合によっては、家一件分の物を整理・処分する必要があります。

大型家具などを自治体に粗大ごみで出す場合には、基本的には指定されたゴミ出し場や家の横などに自分で持っていかなければなりません。たとえ、家の横といえども大きな机やベッドを家から出すのは大変な作業です。とくに大型家具の中には、分解しないと部屋から出せないようなものもあるため、慣れていないと作業がうまくいかないこともあります。

業者に依頼した場合は、そこは経験豊富なプロの仕事ですから、素人が苦労するような大型家具でも問題なく回収してくれることがほとんどです。粗大ごみを家から出すのに1日がかりになってしまうことも珍しくないので、それをプロに依頼することでスムーズに終われば、時間も有効に活用できます。

遺品整理のときに、遺品を必要な物と不要品に仕分ける作業も自分たちだけでやると、大変な作業になるため、それも任せることができ、自分は判断をくだすだけという状態のほうが、判断ミスがなくなるというメリットもあります。

遺品整理の業者に頼むデメリット

もちろん、回収業者に頼むデメリットもいくつかありますので、紹介いたします。

遺品整理に業者に依頼するとお金がかかる

どうしても業者に依頼することになるため、お金がかかります。大変な作業を任せることができる分、費用がかかることは覚悟しておかなければなりません。

基本的に遺品整理の業者に遺品の回収・処分を依頼した場合は、自治体に粗大ごみとして出したときよりも回収料金が高くなることがほとんどです。

もちろん状態がよい家電など、買取可能なものだった場合は、お金が手に入ってお得になるケースもありますが、買取ができない遺品の処分・回収を業者に依頼した場合は、自治体の粗大ごみの料金よりも高額になるようです。

遺品整理の業者に依頼した場合は、家の中まで回収に来てくれたり、回収日程にも融通がきいて迅速な対応で回収してくれることもあるので、そのあたりがどうしても値段に反映されます。

まとめ

これまで紹介したメリット・デメリットをもとに完結にまとめてみました。

遺品整理の業者に頼んだほうがお得なケース

  • 1.作業が大変そうで自分たちだけではとても無理だと思われる場合
  • 2.回収して欲しい遺品のなかに、状態のよい家電や家具など、買取してもらえそうなものがある場合
  • 3.遺品整理のスケジュールに余裕がない場合
  • 4.リサイクル家電やパソコンなど、遺品のなかに粗大ごみで出せないものが混ざっており、まとめて処分したい場合

作業がたいへんだったり、スケジュールの都合などはもちろんですが、買取可能なものがある場合は、業者に依頼したほうがお得になるケースも多いです。まずは問い合わせてみるとよいと思います。

遺品整理の業者に頼まず自治体の粗大ごみなどを使って対応したほうがお得なケース

  • 1.遺品整理のスケジュールに充分な余裕があり、時間もたくさん取れる余裕があり、ゆっくりと作業を進められる場合
  • 2.遺品のなかに粗大ごみが少ない、または粗大ゴミを指定場所まで持っていくのが大丈夫そうな場合
  • 3.自分たちだけで十分に整理できそうな分量の遺品の場合

遺品整理に日程的な余裕があったり、ゴミ出しの作業がそれほど大変でないという場合には、費用が安くすむ自治体の粗大ごみで出すほうがお得な場合が多いです。とはいえ、買取可能なものだったら、業者に依頼したほうがお得になるケースもあるので、それには注意しましょう。

福岡で遺品整理とお考えでしたら、ぜひ遺品整理エコタスに

エコタス福岡の遺品整理 対応地域

福岡市東区 福岡市博多区 福岡市南区 福岡市城南区 福岡市中央区 福岡市早良区 福岡市西区 大野城市 筑紫野市 春日市 那珂川市 糸島市 宇美町 志免町 須惠町 粕屋町 篠栗町 新宮町 久山町 古賀市 福津市

福岡県ならびに福岡市、福岡地域の遺品整理はエコタスにお任せください

※対応地域の訪問見積りは無料です。

エコタス福岡の遺品整理が選ばれる理由

明朗会計!

トラブル0件!

安さに自信あり!

即日対応!出張無料!

 

遺品整理サービスの詳細はこちら

遺品整理の料金の目安

間取り 費用
1k 25,000円~
1DK 50,000円~
1LDK 70,000円~

上記の遺品整理料金に含まれるサービス

  • 貴重品・不用品の仕分け・整理
  • 不用品の処分・回収
  • 必要に応じた養生作業
  • 遺品整理後の簡易清掃(掃き掃除、拭き掃除など)

遺品整理の料金 福岡一番 最安値を目指します!!