遺品整理のときに探すべき貴重品や書類を解説します

遺品整理のときに貴重品や書類を探すというケースが多いです。このときにどのような物を探すべきなのかを解説いたします。

もし、誤って貴重品や書類を捨ててしまうと、あとから面倒なことになってしまうことがありますので、遺品整理の時はしっかりと確認して探しておきましょう。

遺品整理のときになにを探すべきなのか

絶対に探しておきたい貴重品や書類

  • 通帳
  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 遺言書

これらのものは絶対に探しておいたほうがよいです。通帳に預金が残っている場合がほとんどでしょうし、その通帳の手続きなどにも印鑑が必要になります

また、印鑑がもし他人に渡ってしまうと、悪用されてしまうかもしれませんので、絶対に印鑑も探しておきましょう。実印や銀行印などは確実に見つけておきたいです。

年金手帳についても、家族が亡くなった後の手続きなどの際にあったほうがよいので、もし手元になければ探しておいたほうがよいでしょう。

遺言書が見つからないというケースは、ほぼないと思いますが、故人が遺言書を残したとわかっているときに、遺言書が見つかっていないのは一大事ですので、絶対に見つけておく必要があります。

できれば見つけておきたい貴重品や書類

  • 保険の書類
  • 不動産関係の書類
  • 宝石や指輪、骨董品などの価値のあるもの

保険や不動産の書類などは、相続や死亡保険金などがある場合は、手続きに必須になりますので、できれば見つけておきたいです。しかし、最悪の場合はこのあたりの書類は、普段から付き合いのある不動産屋や保険会社に言えばなんとかなることがあるので、遺品整理でどうしても見つからなかった場合は、わかる人や会社に相談するとよいでしょう。

また、宝石や指輪、骨董品なども遺品整理のときに、処分してしまってはもったいないので、見つけておいて、整理しておきたいです。小物以外にも家具などがアンティーク家具で高級だという場合もあるので、古い家具などを処分するときは、一応ねんのために確認するとよいでしょう。価値のあるものはできるだけ捨てないでおきましょう。

故人が大切にしていた思い出の品について

金銭的に価値はほとんどなくても故人が大切にしていた思い出の品は、形見分けで欲しいという家族や親戚の人もいるかもしれませんので、できれば見つけておいて、処分せずに整理しておくとよいでしょう。

遺品が多すぎるなど、遺品整理が大変なときは業者に依頼するのもひとつの手

このように遺品整理の時は、探すべき大切なものがたくさんありますが、遺品の量がとても多かったり、大型の家具やリサイクル家電など処分がやっかいなものがたくさんあったりすると、なかなか遺品整理の作業が進みません。

貴重品や書類は、その後の手続きで早めに必要になるものも多いので、遺品整理がとても大変で自分たちだけでは、時間がものすごくかかりそうなときは、私たち遺品整理エコタス福岡のような遺品整理業者に依頼するのがおすすめですよ。

プロのスタッフが作業をしますので、大型の家具や家電の家からの搬出作業などもとてもスムーズに作業が進められますし、粗大ゴミで出す物もリサイクル家電もまとめて回収・処分できます。お客様のほうで作業をしていただく必要はありませんので、お客様は遺品整理で必要か不要かの判断に集中できるため、判断ミスも少なくなります。整理・仕分けなどのお手伝いもさせていただきます。

福岡での遺品整理はエコタス福岡にお任せください

最後に私たちの宣伝をすこしさせてください。私たち遺品整理エコタス福岡は、業界最安値に挑戦中です。

他社よりも整理・回収費用が高い場合などもお知らせいただければ、割引などにも対応しますし、見積りも明朗会計であとになってから追加料金を請求するなどといったことはいっさいいたしません。

福岡県全域などの対応エリア内であれば、訪問見積は無料で、金額にご納得がいかずに不成立となった場合でも、料金が発生することはありません。

ですから福岡県での遺品整理は、エコタス福岡にお任せください。みなさまからのご相談をおまちしております。

福岡でエコタス福岡の遺品整理が選ばれる理由

明朗会計!

トラブル0件!

安さに自信あり!

即日対応!出張無料!