遺品整理の時期について いつから始めて、いつまでに終わらせるのがよいのか

ご家族が亡くなられた場合は、個人の遺品を整理したり処分しなければいけません。

これが遺品整理になり、遺品を必要なものと不要な物に仕分けて、不要品は回収してもらったり、処分する必要がありますね。

しかし、ご家族が亡くなられたときは、お葬式などの手続きもあり、すぐに遺品整理に着手するというのが難しいこともあります。

それでは遺品整理の時期は、いつごろから始めるのがよくて、いつまでに終わらせるのが一般的なのか。このようなことについて説明させていただきます。

一般的に遺品整理をする時期

遺品整理の時期については次のような場合が一般的です。

四十九日法要までに遺品整理をするのが一般的

四十九日法要のときには、親族が集まる機会になりますので、そこで個人の遺品の形見分けをしようとすれば、四十九日法要までに遺品整理をしておく必要がありますね。

また、明らかに不要な物を処分しておいて、残された物はきれいに整理しておいて四十九日法要のときに親族で一緒に仕分けをするというような場合もありますね。このときもきれいに整理をしておく必要はあります。

四十九日法要などを気にしなければ遺品整理はいつでもよい

大切な人が亡くなられた場合は、すぐに気持ちの整理をつけて遺品整理に取りかかることが難しいという人もいると思います。

先ほどのように四十九日法要など場を重要視すると、そのときまでに遺品整理をある程度しておく必要がありますが、そのようなことを考えなければ自分のペースで遺品整理を進めて大丈夫です。

ただし、次でも補足しますが、賃貸の退去日や家の解体などの事情がある場合は、それまでに遺品整理を終わらせる必要があります。

賃貸の退去日や家屋の解体の日程が決まっている場合はそれまでに遺品整理を終わらせる

賃貸の場合はいつまでも家を借りていると家賃がかかってしまいますので、退去日を早めに設定することもあるでしょう。

また、家に住む人がいなくなって家屋を解体する場合などもあります。

そのような場合は、退去日や解体の日程までに遺品整理を終わらせておかないといけません。賃貸は遺品整理が終わらないと退去できないですし、解体の場合は解体業者がまとめて遺品を処分してくれることが多いと思いますが、基本的に追加料金が発生します。

遺品整理のスケジュールが厳しいときは遺品整理業者を依頼するのがおすすめです

  • 四十九日法要までに遺品整理をどうしても終わらせておきたい場合
  • 賃貸の退去日を早めにしたいので、できるだけ遺品整理を早く終わらせたい場合
  • 家屋の解体工事のスケジュールまで余裕がない場合

このようなときは自分たちだけで遺品整理をすることが困難なこともあるでしょう。とくに大型の家具や家電は家からの搬出も大変ですし、自治体の粗大ゴミ回収は日程が決められており、すぐに回収してもらえるわけではありません。

また、テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機などのリサイクル家電はそもそも粗大ゴミでは回収してもらえず、購入した電気屋に回収を依頼するのですが、遺品整理も場合は購入した電気屋がわからないことも多いです。

そのうえで遺品整理のスケジュールが厳しい場合に役に立つのが遺品整理業者です。

遺品整理業者に依頼することで、不要になった遺品の回収・処分はもちろん、遺品の仕分けのお手伝い、遺品の供養、権利書や貴重品の捜索、ハウスクリーニングなど様々なことを任せることができます。

遺品整理のプロが作業をするため、とてもスムーズに進み、料金はかかりますが、結果として楽に早く遺品整理を完了させることができます。

福岡での遺品整理はエコタス福岡にお任せください

最後に私たちの宣伝をすこしさせてください。私たち遺品整理エコタス福岡は、業界最安値に挑戦中です。

他社よりも整理・回収費用が高い場合などもお知らせいただければ、割引などにも対応しますし、見積りも明朗会計であとになってから追加料金を請求するなどといったことはいっさいいたしません。

福岡県全域などの対応エリア内であれば、訪問見積は無料で、金額にご納得がいかずに不成立となった場合でも、料金が発生することはありません。

ですから福岡県での遺品整理は、エコタス福岡にお任せください。みなさまからのご相談をおまちしております。

福岡でエコタス福岡の遺品整理が選ばれる理由

明朗会計!

トラブル0件!

安さに自信あり!

即日対応!出張無料!