【福岡版】遺品整理のときに不要になったリサイクル家電の処分方法

福岡で遺品整理をするときに不要になったテレビ、洗濯機・乾燥機、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫などのリサイクル家電をどのように処分すればよいのか困ってしまうこともあると思います。もちろんまだ使えるリサイクル家電など必要なものは取っておきますが、不要と判断したリサイクル家電については処分する必要がありますよね。

リサイクル家電は自治体の粗大ごみとしては、回収してもらえません。そのためリサイクル家電としての処分方法を取る必要があります。

この記事ではそんな方のために遺品整理で出てきた不用品になったリサイクル家電の処分方法について解説いたします。

福岡でのリサイクル家電の四つの処分方法

遺品整理の際に出たテレビ、洗濯機・乾燥機、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫などのリサイクル家電については、家電リサイクル法に基づいた処分方法を取らなければなりません。

その方法を四つに分けて紹介します。

  • 電気屋にリサイクル家電の引き取りを依頼する
  • 指定引取場所にリサイクル家電を持ち込む
  • 遺品整理業者や不用品回収業者にリサイクル家電を回収してもらう
  • まだ使えるリサイクル家電は買い取ってもらう

それではこれらの四つの方法を見ていきましょう。

電気屋にリサイクル家電の引き取りを依頼する

テレビ、洗濯機・乾燥機、エアコン、冷蔵庫・冷凍庫などのリサイクル家電は、家電リサイクル法によると製造元が責任をもってリサイクルすることになっています。そのため、基本的に電気屋にリサイクル家電の引き取り・回収を依頼するというのが一般的な処分方法になります。

このときに引き取りを依頼できる電気屋は、

  • 新しくリサイクル家電を買い替える電気屋
  • 処分したいリサイクル家電を購入した電気屋
  • ベスト電器(福岡の場合)

の三つが主になります。

遺品整理のときは買い替えないことが多いので、基本的には購入した電気屋にリサイクル家電の引き取りを依頼する

遺品整理のときに出てきたリサイクル家電は、新しく買い替えるということはほとんどありません。処分だけをしたい状態ですので、基本的には購入した電気屋に引き取りを依頼することになります。

購入した電気屋がわからない。閉店している場合などはベスト電器にリサイクル家電の引き取りを依頼する

しかし、処分したいリサイクル家電を購入した電気屋がわからない場合や既に閉店や倒産してしまっている場合などは、福岡の場合ですと、最寄りのベスト電器にリサイクル家電の引き取りを依頼することができます。

リサイクル家電の引き取りを依頼してから実際に回収されるまでは時間がかかるため注意が必要

引き取りを依頼して、すぐにリサイクル家電が回収されるということはあまりありません。基本的には電気屋さんのスケジュールに合わせることになりますので、依頼してから回収までには時間がかかることをおさえておきましょう。

とくに遺品整理の完了までのスケジュールが迫っている場合などは注意が必要です。

リサイクル家電を電気屋に引き取ってもらう場合の処分料金

「家電ごとに設定されたリサイクル料」と「家電の収集運搬料金」の合計が料金になります。

家電ごとのリサイクル料金は一般財団法人家電製品協会のHPに掲載されているので、確認しておきましょう。家電の収集運搬料金は電気屋によって違いますので、依頼するときに確認しておきましょう。

最寄りの指定引取場所にリサイクル家電を持ち込む

リサイクル家電には指定引取場所があり、そこに直接に処分したいリサイクル家電を持ち込むこともできます。その場合の手順は以下のようになっています。

  • 郵便局で家電リサイクル券を受け取り、必要事項を記入後、リサイクル料金を支払う
  • 支払い済みの家電リサイクル券と処分したいリサイクル家電をもって最寄りの指定引取場所に持っていく
  • 指定引取場所でリサイクル家電を引き取ってもらう

いきなり指定引取場所に家電を持っていくのではなく、事前に郵便局で家電リサイクル券を受け取って、リサイクル料金を支払う必要がありますので、注意しておきましょう。

福岡では指定引き取り所はこのHPから確認できます。大型の家電の場合は、持っていくのがかなり大変な作業になりますので、覚悟しておきましょう。

また、この場合はスケジュールが迫っている場合でも自分から処分することができるので、遺品整理の期日がない場合にはこの方法でリサイクル家電を処分することもあるでしょう。

指定引取場所にリサイクル家電を持ち込んだ場合の処分料金

この場合の処分料金は、郵便局で支払う家電ごとに設定されたリサイクル料金のみになります。電気屋にリサイクル家電の引き取りを依頼する場合と比べると、収集運搬料の分だけお得になりますが、持ち込みの手間がかかります。

遺品整理業者や不用品回収業者にリサイクル家電を回収してもらう

私たち遺品整理エコタスのようなプロの遺品整理業者や不用品回収業者にリサイクル家電を回収してもらう方法です。

業者にリサイクル家電の処分を依頼するメリット

  • 遺品整理のスケジュールに合わせて、客の都合を最優先に処分スケジュールが立てられ、最短で即日回収も可能
  • 家からの搬出などの面倒な作業もすべて任せることができる
  • 他に不用品があった場合もまとめて処分・回収してもらうことができる

業者にリサイクル家電の処分を依頼するデメリット

業者のため、処分料金がどうしてもかかってしまうことがデメリットです。しかし、電気屋に依頼した場合でも、業者に依頼した場合と同様にリサイクル料金と収集運搬料金がかかってしまうため、スケジュール的に遺品整理業者や不用品回収業者のほうがよかった場合は、電気屋に引き取りを依頼せずにこちらに依頼したほうがよい場合も多いです。

業者によってはリサイクル家電を買い取ってくれることがある

私たち遺品整理エコタスも買取には力を入れているのですが、業者によってはまだ使えて状態のよいリサイクル家電は買い取り可能なことがあります。その場合は、買取金額を回収料金と相殺させていただくので、とてもお得に家電を処分することができます。

業者を選ぶ段階で、しっかりと買取可能な場合は買い取ってくれるかどうかを確認しておき、そのような業者を選ぶとよいでしょう。私たちエコタスは買取依頼は大歓迎ですので、まずはお気軽にご相談ください。

まだ使えるリサイクル家電は買い取ってもらう

先ほどもすこし触れましたが、まだ製造年月日が比較的に新しく、状態もよい、動作にも問題のないリサイクル家電は買取可能なことが多いです。リサイクルショップに確認したり、不用品回収業者や遺品整理業者に確認したりすることで、出張買取してくれるところも多いです。持っていける家電の場合は、リサイクルショップに持ち込んでもよいと思います。

ネットオークションやフリマアプリを使って自分で売り先を探すこともできる

業者に買い取ってもらうのが楽ですが、業者の査定では買取不可能となった家電でも、もしかしたらネットオークションやフリマアプリでは買いたいという人が見つかるかもしれません。

この場合は、売れたときに自分では家電の発想の段取りをする必要があるため、ちょっと大変ですが、お金をかけずに家電を処分することができるので、お得な処分方法だといえるでしょう。

遺品整理ときのリサイクル家電処分方法のまとめ

お金をかけずに家電を処分する方法としては、

  • リサイクル家電が売れる場合は業者やネットで買い取り先を探して買い取ってもらう
  • 買取ができない場合は、自分で指定引取場所まで持ち込んで家電を処分する(ただし、運搬は大変)

できるだけ楽に処分したいなら

  • 遺品整理業者や不用品回収業者にリサイクル家電の処分を依頼する

懇意にしている電気屋がある場合などは

  • 購入元の電気屋にリサイクル家電の引き取りを依頼する

というような方法で大丈夫だと思います。

福岡での遺品整理はエコタス福岡にお任せください

最後に私たちの宣伝をすこしさせてください。私たち遺品整理エコタス福岡は、業界最安値に挑戦中です。

他社よりも整理・回収費用が高い場合などもお知らせいただければ、割引などにも対応しますし、見積りも明朗会計であとになってから追加料金を請求するなどといったことはいっさいいたしません。

福岡県全域などの対応エリア内であれば、訪問見積は無料で、金額にご納得がいかずに不成立となった場合でも、料金が発生することはありません。

ですから福岡県での遺品整理は、エコタス福岡にお任せください。みなさまからのご相談をおまちしております。

福岡でエコタス福岡の遺品整理が選ばれる理由

明朗会計!

トラブル0件!

安さに自信あり!

即日対応!出張無料!